ブロック療法

頚椎ヘルニアは痛みが出るのも特徴ですが、すぐに解消できず長引くと日常生活にも支障が出てしまいます。

治療法としてはいくつかの選択肢がありますが、比較的多く使われる方法にブロック療法があります。

ブロック療法というのは、神経ブロックとも呼ばれますが、神経に麻酔を使い痛みを軽減する方法です。

神経に麻酔をするというと強い痛みがあるように思えてしまいますが、痛みが強くなる可能性がある場合は、事前に痛み止めを使ってからブロック注射をしますので意外と痛みは感じないといいます。

またブロック注射に使う針は、とても細い針を選びますから、実際に体験した人も、想像していたのとは違い、安心すると言われています。

ブロック注射は局所麻酔なので、効果は長くても2時間程度です。

麻酔の効果はあまり持続しませんが、脳は一度痛みを感じるとそれを覚えてしまい、たいしていたくないのに痛みを強くしてしまう事があります。

頚椎ヘルニアも痛みが長引く特徴がありますが、一時的に痛みを感じさせなくする事で、脳にその状態を覚えさせ、徐々に痛みを軽減するという効果が期待できます。

ブロック注射はペインクリニックなどで対応していますので、頚椎ヘルニアの痛みをなんとかしたい場合には、ペインクリニックを受診してみましょう。

ブロック療法は痛みに効果的な治療法ですが、頚椎ヘルニア以外に糖尿病や高血圧をきちんと治療管理していない人は、ブロック療法が適さない事もあります。

関連サイトのご紹介=>頚椎ヘルニアを治したい

Comments are closed.